ダークソウルをレジャー

投稿日:

ダークソウルをレジャーしてみました 4月のダークソウルⅡのリリースにおいて、前作であるダークソウルをレジャーしてみました。昨今ラスボスの前まで来ているのですが、前作のデモンズソウル に比べると比較的簡単になっているような印象を受けました。 とりあえず、重量ですが、デモンズソウルでは所有重量がありましたが、ダークソウルにはありません。ですので、デモンズソウルでは修復物品や矢の所有台数 に実質的な規定があったのですが、ダークソウルでは気にする責務がなくなりました。なお、アタッチメント重量は従前通りあり、デモンズソウルではアタッチ メント重量のキャパをダブルにするリングがありましたが、ダークソウルではアタッチメント重量キャパを1.5倍にするリングしかない結果、アタッチメント 重量は疎ら苦労するかもしれません。 また、前作のデモンズソウルに比べると、修復が少々面倒です。デモンズソウルでは修復のための物品として、三日光月草程度が用意されていましたが、ダーク ソウルではそういったものが無く、物品を使った修復方式はエスト瓶の支出とメンタリティの支出のみになりました。エスト瓶はレジャー始めで手に入り、使い きっても篝火と言われるチェックポイントを通じて駄目プライスで裏付けできるため、主要な修復方式となります。メンタリティは、スタミナを数多く修復でき るため、ここぞという時の修復手段として使用できますが、基本的に保管に手間がかかる物品であるため、あんまり頻繁には使用しません。無料エロゲーム 無料エロゲー

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット